ティーツリーの基礎知識

ティーツリーについて

ティーツリーの基礎知識 header image 2

ティーツリーオイルの使用方法編

2014年11月06日 · コメント(0) · 未分類

 

ティーツリーオイルは、清潔感あふれるクールな香りが特徴で、様々な用途に役立ちます。
例えば多く知られているのが、強力な殺菌効果です。
使用方法は、切傷やすり傷等のけが・にきび・吹き出物等の各種皮膚炎、水虫等の感染症に対しては、オイルを原液、もしくは希釈したものをそのまま患部に塗布していきます。
通常、エッセンシャルオイルは原液まま直接肌につけてはいけないのですが、ティーツリーオイルに関しては少量患部につける程度なら問題ありません。ただし使用前にはパッチテストを行うようにします。
また、カンジダや水虫等の各種感疾患には、乳化剤を加えて水溶性にしたオイルを湯船に入れて入浴する方法が効果的です。
同様に湯に入れて使う方法としては、ボウルなどにためた熱湯にオイルを数滴落とし、立ち上るオイルの湯気を吸入する方法があります。スッキリとした香りにより、かぜやインフルエンザ、気管支炎など不快な症状を軽減させます。
鼻づまり、鼻炎、鼻腔炎などにも高い効果を発揮します。摂取方法は、オイルをティッシュやハンカチに1~2滴含ませ、鼻から吸入するようにします。もしオイルが強く感じる場合は、稀釈して使います。
口内炎や歯肉炎はオイルを直接、綿棒などで患部に塗布すると、症状が改善します。

 

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。