ティーツリーの基礎知識

ティーツリーについて

ティーツリーの基礎知識 header image 2

水やお湯に溶かして使用

2015年02月23日 · コメント(0) · 未分類

ティーツリーオイルは、お風呂に入るときに溶かして入浴剤として使用することで、足のむくみに効果を発揮します。風邪の予防にも効果があります。熱湯を入れたマグカップに、ティーツリーオイルを1〜2滴落として溶かした後、鼻からゆっくりと香りを吸い込みましょう。水に1滴ティーツリーオイルを落として、うがいをするのも効果があります。うがいは口臭衛生や、喉の痛みがある場合にもおすすめです。炎症に直接届くため、効果的です。また、洗面器1杯の水に1~2滴混ぜることで、洗顔にも使用できます。これはニキビ対策に効果があるとされています。ただ、ティーツリーオイルは油性で、水やお湯には混ざりにくい性質があるので、いずれの場合も使用する前によくかき混ぜてしっかり溶かすようにして下さい。
ティーツリーオイルはニキビ以外にも、虫刺され、擦り傷や切り傷、皮膚炎、水虫、火傷、打撲、おでき、じんましんなど様々な皮膚のトラブルにも効果があります。高濃度のティーツリーオイルを綿棒などに染みこませ、直接患部に塗りましょう。広範囲に塗る前に、肌の目立たない箇所に少しだけ塗って、腫れたりアレルギー反応が出ないか確かめてから使用して下さい。しもやけや筋肉痛やひび割れなどにも効果がありますが、この場合は低濃度に薄めてから塗るようにして下さい。

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。